建築デザイナーのセンスで奏でるThe Soul Architect

  • HOME >
  • よくあるご質問

よくあるご質問

Q.輸入住宅ってどんな住宅?

「海外の設計思想による住宅を、資材別またはパッケージで輸入し、国内に建築する住宅」( 輸入住宅産業協議会より )
輸入住宅の持つ性能は、気密性、断熱性、遮音性が高いこと。さらに耐久性や耐震性の性能も高く、日本の住宅事情にも適し、洗練された飽きのこないデザインである。
輸入住宅は、森林資源豊富なアメリカやカナダの木材を使用しているので、品質の確かなものばかり。含水率が低く、よく乾燥した木材が使われています。
輸入住宅は、Low-E複層ガラス木製サッシ、木製ドア、クローゼット木製折戸、無垢オークフローリング、木製階段、木製窓枠、壁に無垢パイン材等、天然無垢材をふんだんに使用しています。
木は、室内の湿度を調節し結露や静電気を抑制する効果があります。四季のある日本の気候に適している住宅といえます。

Q.ツーバーフォー( 2×4 )工法ってどんな工法?

ツーバイフォー工法は、19世紀初めの開拓時代に北米で、堅牢で快適な住まいが必要とされ、合理的な建築方法と優れた性能をもつツーバイフォー工法住宅が誕生しました。
ツーバイフォー工法は、構造耐力に優れた枠材と面材とが一体となった面構造で、これにより地震や台風などの力を建物全体で受け止め、分散してしまうので、外力に対して抜群の強さを発揮します。さらに面構造によって高い気密性や断熱性も確保されます。
ツーバイフォー工法は、規格化された構造用製材を使用します。構造用製材はJAS規格によって厳しく品質がチェックされ、使用する箇所ごとに製材品の規格も細かく定められています。
ツーバイフォー工法は、構造材や釘・金物のサイズ・使用方法・使用箇所から施工の手順まで、きめ細かくマニュアル化され、施工者の技量に左右されることなく、均一な高品質と高性能を実現します。

Q.無垢材ってどんな材料?

一本の原木から角材や板を直接必要な寸法に切り出したもの。木本来の質感、風合いという面で魅力があり、化学物質を含まない自然素材。一番の特長として、湿気の多い日は水分を吸収し、乾燥している日は水分を放出して湿度を一定に保とうとするため、「 縮む 」「 膨らむ 」という性質がある。
木は、コンクリートの約2倍とも言われる優れた断熱性があり、周囲の温度に影響されにくいため、夏は涼しく、冬は暖かい環境を生み出す。

Q.建設費はいくら?

よく概算で使われる「 坪○○万円 」は、非常にわかりやい表現の反面、非常に危険な要素を含んでいます。また、安い家とローコストは違います。坪50万円の家が30万円で買えれば安いですが、元々30万円の家はローコストであり、使用している全てがローコストなのです。
田中建築研究所は、お客様のライフスタイルに合わせたプランニングをさせていただいております。当然、住宅の大きさも形も仕様も設備も違います。同じ住宅はふたつとありません。その都度、お見積りしています。一概に「 坪○○万円 」とは言えませんが、あくまでも目安という事で、概ね「 坪45万円 」位からという事になります。尚、その金額には、カーテン、照明器具、TVアンテナ、水道負担金、浄化槽、登記代、外構工事は含まれません。言いかえれば、記載事項以外は全て含まれます。
田中建築研究所の輸入住宅の坪単価は、「 大手ハウスメーカーの最低仕様(オプションなし)程度 」と、お伝えしておきましょう。

田中建築研究所

〒366-0051
埼玉県深谷市上柴町東5-15-12
Tel.048-574-9776
Fax.048-574-9778
Email/the.soul@lapis.plala.or.jp

Photo:田中建築研究所イメージ


▲ページの先頭へ戻る

Copyright(C) 埼玉県深谷市の輸入住宅設計施工/田中建築研究所 All Rights Reserved.